香川県三豊市仁尾町出身のメンバーによる釣りブログ

ナマズの釣り方講座
【ポイント・時期・仕掛け(タックル)・コツ】

ナマズ,釣り方

スポンサーリンク


ナマズ(鯰)の生態,ポイント,時期,時間帯,雨後の増水時,オススメルアー,タックル(ロッド・リール・ライン),必須アイテムなどわかりやすく丁寧に解説します。

ルアー(トップウォーター)で狙うナマズ釣り。

その魅力はなんといっても豪快なバイトシーンと強烈な引きが魅力。ナマズは基本沼に潜むイメージがあると思いますが、こんなとこにいるの!?っていう小さな川や用水路にも大型のナマズは潜んでいます。ですから仕事帰りに気軽にナマズを狙うアングラーも急増中。今回はそんなナマズ釣りの醍醐味と釣り方をとっておきに伝授します。

 

ナマズの生態

マナマズは日本に分布する3種のナマズ属種の1種です。
他の2種(ビワコオオナマズ、イワトコナマズ)が琵琶湖と関連水系のみに生息する日本固有種であるのに対し、北海道と沖縄などの離島を除く全国各地の淡水・汽水域に幅広く分布しています。
日本在来の淡水魚は雑食のものが多いですが、在来魚としては数少ない大型の肉食魚です。
平たい頭と幅広の口、長い口ヒゲが特徴で、体は鱗がなく、ヌルヌルとした粘液で覆われています。大きいもので70cm以上になってきます。、口ヒゲを利用して餌を探し、小魚・エビ・ミミズなどの小動物を捕食します

 

ナマズ釣りのポイント

日本全国の河川や水路、湖沼に生息しています。
一番釣りやすいのは写真のように農業用水に使用されている水路です。渓流などの上流域ではなく、中~下流域の比較的流れの緩やかな淀みや、葦際などを好みます。また田園地帯に張り巡らされている小規模な水路などにも、高い確率でナマズが生息しています。「川+排水路」といった様々な流れが入り混じるところは超一級ポイントです。必ず釣れます(笑)
流れ込みなどのインレットにも必ずといって良いほどナマズは潜んでいます。大抵、流れてくるものを待ち構えているので、流れに添わしていくだけで簡単に釣ることができます。

いわゆるこれが「落ちパク」というやつですね。

流れがせき止められている岩陰や水草も一級ポイントですので、怪しいところは全て隈なく探ってみてください。

 


 

ポイントの探しのコツ

 

情報収集

その水系にナマズが居るかどうか事前に調べておく必要があります。川が変わったとしても、水系が同じで繋がっていればほとんどの川にはナマズはいるはずです。
バス釣りやウナギ釣りの外道でナマズが釣れた-という実績のある川やその支流ならほぼ間違いなくナマズはいます。

 

水深は1m以下

トップで釣りやすいのは1m以下の水深です。水深20㎝もあればが全てポイントになります。
1m以上になるとトップへの反応は悪くなりますが、ナマズがいないわけではないです。
そういった場所はスピナーベイトやワーム等で狙ってみましょう。
しかし、やはりナマズはトップの釣りが醍醐味なので、できるだけ浅いポイントをオススメします。

 

何かしらの変化のある場所を狙う

全ての釣りに共通していますが、変化のある場所を狙うのが一番です。主なポイントは、「水門」、「流れ込み」、「堰」、「ブッシュなどのカバー」、「ワンドやポケット」などです。
特に水門付近や流れ込みになっている場所はほぼ9割ナマズは潜んでいますので、そっとルアーを通してみてください。
きっと良い思いができるでしょう。

 

怪しいと思ったらとにかく撃ってみる

怪しいと思うポイントは落ちパク狙いで全て打ってみてください。
穴釣りに近い感覚ですが、1つのポイントを5秒ほどルアーを落としていくだけで結果が出ると思います。

 

ナマズ釣りの時期

春頃にシャローエリアに入ってきて産卵をします。具体的には4月の後半から5月の前半くらいからです。その前後がナマズをトップウォーターで狙えるシーズンとなります。。

ベストシーズンはやはり初夏から夏。9月以降から徐々に活性が下がってきます。

ただ、ハイシーズンでは「こんなところにいるの!?」というような、横幅が30cmしかない小場所で60cm以上のナマズが釣れることもあり、サイズ・数ともに春が一番釣りやすいと言えます。秋まで残っている個体は、小さいのが多いようです。ですから、春にたくさん大きいナマズを釣りましょう!

 

ナマズ釣りの時間帯

一般的には夜行性と言われています。夕方から夜にかけて活発にベイトを捕食する為、その周辺が狙い目の時間帯と言えるでしょう。夜は捕食活動で回遊していますので、広範囲にルアーを投げることをオススメします。

しかし、ナマズは日中はサイトフィッシングが醍醐味で、トップにも問題なく反応します。
物陰や流れ込みに身を隠しているナマズを、ピンポイントで攻めていきます。いわば日中は攻めの釣りになります。
仁尾丸水産は日中の釣りを強くオススメします!

デイナマズでも釣れる証拠はこちら!

 

雨後の増水時

ナマズは雨天や雨上がりの増水時も活性が上がります。こうなるともうフィーバー状態です。
雨はナマズのベイトである小魚やミミズを流してくる為、ナマズにとっては絶好の捕食チャンスとなります。とくに雨のインレット付近はナマズがうじゃうじゃと何匹も湧いていることがあるので、狙ってみてください。

なまんちゅは、雨こそテンションがあがります。

 

ルアーについて

 

トップウォータープラグ

ナマズ釣りの醍醐味はトップゲームです。ワームやミノ-、クランクベイトでも釣れますが、やっぱりトップにボコボコでてミスバイトが連発するのがナマズ釣りの楽しさです。
基本的に釣り場の水深が浅い場所が多いと思いますし、ウィードが水面近くまである場所もあるので、それらを気にせず攻められるという意味でもトップが基本になります。

 

ノイジー系のただ巻きが基本

ただ巻きでガチャガチャとうるさいジッターバグやクレイジークロウラー系統のノイジー系が鉄板です。
ナマズは目が悪いので、音が大きなキーになるようです。バス釣りでいかにも釣れそうな動き!というものでも、ナマズはあまり見えてないので意味がありません(笑)
音や曳き波が大きいルアーだと、夜釣りでルアーの場所を把握しやすいのも大きなメリットです。
ペンシルのドッグウォークアクションやポッパーのポッピングは、ミスバイトが多いくてナマズには向かないです。

 

ダウンストリームキャストが基本

ナマズ釣りではダウンストリームキャストといって、下流から上流にルアーがのぼってくるようにキャストした方が断然良いです。
理由は大きく2つあります。
1.ノイジー系ルアーがゆっくり引けてよく動く
これは川で実際に釣りをするとよくわかるのですが、巻かなくても本当によく動きます。
少ない移動距離で暴れるようにアピールしてくれるのは非常に大きなメリットです。

2.ナマズは食うのが下手
ミスバイトの多いナマズにとって、ナマズの後ろからルアーを通した方が絶対にミスバイトが減ると思います。
やはりゆっくり泳ぐルアーの方が食べやすいですからね。

 

フォロー用のルアー

トップのルアーを食い損なったナマズは、ワームなどでフォローを入れると食ってくることが多いです。
オススメはノーシンカーワームか、スピナーベイトですね。

 

ルアーのカスタム

  

ナマズは、目が悪くエサをとらえるのが非常に下手で、ミスバイトが多発です。6割以上の確率でバイトが出ても乗らないことが多いです。(ここがナマズ釣りの面白いところでもありますが。)
少しでもフックアップ率をあげるために、ルアーのカスタムを強くオススメいたします。
ナマズ専用ルアーはもともとケミホタルをつけるところがついてういることが多いので、夜釣りの際は是非つけてみてください。
とくにスミスのルアー(キャタピーなど)は相性が特にいいですね。カスタムすることで愛着も湧いてより釣りが楽しくなりますよ♪

 

ナマズ釣りのタックル(ロッド・リール・ライン)

ナマズ釣りのタックルは、バス釣り用のものが併用できます。
もちろん専用のタックルもありますが、バスタックルの方が種類が多く、デザインも優れているのでバスタックルがいいのではないでしょうか。

 

ロッドについて


ナマズはバスよりも大きく、パワーがあるのでロッドはミディアムクラス以上、6~8フィートクラスを推奨。
しかしフッキングが難しく、はじいてしまうことが多いのでティップは食い込み重視の柔らかめをオススメ。

ナマズ専門に狙いたい方は専用ロッドがオススメ!
 

リールについて


リールはナマズの強い引きに負けない、太い糸を多く巻けるベイトリールがオススメです。
仁尾丸水産メンバーは足場の高いところから抜きあげることが多く、全員PEラインを使用しています。

 

ラインについて


ラインは初心者の方であれば、比較的トラブルの少ないナイロン12~20ポンドあたりを推奨します。
ナイロンラインは浮力があるので、主にトップウォーターを使用するナマズ釣りに最適です。ラインの扱いに慣れている方ならPEライン+ワイヤーリーダーがオススメです。
大物がかかっても強引なやりとりができます。

 

必須アイテム


プライヤー、フィッシュグリップ、ヘッドライトは3原則です。
ナマズ釣りに出かけるときはこの3アイテムは必ず持参するようにしましょう。

 

マナーを守って安全にナマズ釣りを!

ナマズ釣りは簡単な仕掛けで、都市部や住宅街を流れるような河川や用水路でも釣ることができます。
ですが特に夏の夜釣りなどでは、装備や安全面を怠りがちな釣り人を目にする事があります。水辺は例え水深が浅く、流れが緩い場所でも大変危険です。
また、深夜の住宅街などでは大物が釣れたとしても、大声を出したり近隣の住民に迷惑をかけないよう注意しましょう。
これからナマズ釣りを始める方は装備をしっかり行い、ナマズ釣りをエンジョイしましょう!
全ての鯰人に幸あれ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

!!! follow me !!!